地方の不動産投資を成功させるポイントは「綿密な計画」と「ひたむきな情報収集」です。

地方の不動産投資は難しくなる

都心住みには難しい地方での不動産投資

 

まず前提として知っておきたいことは、都心に住んでいる方にとっては特に「地方の不動産投資は難しい」ということです。

 

居住地に近い都心で不動産投資を行う場合はライバルが多く、地方に目を向けると不動産や土地の選択肢の幅が広がるという利点があります。

 

しかし、距離が遠くなるということはそれだけ情報を手に入れる機会がインターネットや人伝の情報に偏ってしまい、どうしても後手に回ってしまうことから、不動産投資に対して有利に動くことが難しくなってしまいます。

 

そんな地方での不動産投資をいかにして成功させることができるのでしょうか?

 

ハンデが多い中で投資を成功させるには

地方での不動産投資を成功させるためには「綿密な計画」と直向きな「情報収集」をどれだけ質の高いものに仕上げることができるかが重要になります。
地方の不動産投資におけるライバルは「その土地に昔から住んでいる人」になる場合が多数です。

 

都心に在住しており、、地の利で遅れをとっているような場合は、短期間にどれだけ周到な綿密な投資計画を整えられるか、そして、地方になるべく多く足を運び、たくさんの地域の情報を集めるという点で勝負をしていくことが鍵になります。

 

計画の際は建物などの付加価値にこだわる

付加価値をつけたい地方での不動産投資

「綿密な計画の初期段階」として、投資計画の段階で地方において好まれる物件を理解した上で不動産を選びましょう。
例えば、地方は都心に比べて土地が広く、都心と同じ家賃の価格帯でも我々が考える以上に広い部屋に住むことができます

 

そうした場合、「広い部屋にする」という付加価値では弱いので「駐車場付き」のように、「車社会である」といった地域の事情を考慮した物件選びをすることで、入居者が決まらない事態を避けることができます。

 

考えうるリスクに備える

地方という環境で考えうる「不動産を取り巻く環境の変化」を予想し、あらゆるリスクを想定して事前に対策をとっておくことが大切になります。
以下のような点は、なるべく注意しておきたいリスクになります。

 

相場下落による家賃減少

下落リスクのある地方での不動産投資

都心ではあまり変化の見られない家賃の下落は「地方」においては大きな変化が見受けられます
たとえ新築でアパートやマンションを購入しても「10年後には最大で20%ほど価値が下落する」ことがあり、そのことを想定した計画を立てなければいけません。

 

リフォーム等で不動産価値を上昇させることができるかもしれませんが、そうした場合はもちろん費用がかかるので、余分な改装費を予算に組み込んでおきましょう

 

環境変化による入居数への影響

地方には大学や大企業の本社が拠点を構えている場合が多いです。その場合、近くに物件を持っていれば会社員や学生の入居が見込めます。

 

しかし、「校舎の改装」や「企業の移転」などが起こった場合、一気に入居者が転居する可能性があります。
そういった想定があるかどうかの事前準備が地方での不動産投資の成功を左右するでしょう。

TOPへ