不動産投資の準備・計画の段階で空室リスクや売買を視野に入れる必要があります。

マンション経営までの流れ

準備や計画が大切な不動産投資

 

不動産投資の基本的なスタイルは「アパートやマンションを購入」して「家賃を利益として得る」というものになります。

 

実際に不動産投資で家賃を得るまでの流れとしては、以下のような手順で行うことができます。

  1. アパート・マンション経営の運用目的を綿密に「準備・計画」する
  2. 「準備・計画」を元に銀行・金融機関に融資の相談をする
  3. 資金を得たら購入する物件を選ぶ
  4. 物件の購入後、運用をスタートする

 

不動産投資のため入念な準備をする男性

不動産投資を行う上で欠かせないのは「準備・計画」をすることです。

 

大抵の場合は銀行や金融機関から融資を受けて、その資金を元手にアパート・マンションを購入して不動産投資を始めます。

 

融資には審査があるのですが、その審査には身分証明書をはじめとした数多くの書類の用意が必要になります。

 

準備する書類は数多く、非常に根気のいる作業になるので、銀行に対して「どれほど不動産投資に本気なのか」という熱量を証明することにも繋がります。

 

それによって融資をスムーズに進めることができるだけでなく、物件の購入に至るまでトントン拍子で実行することができるので「準備・計画」こそが不動産投資の要になります。

 

不動産投資で考えられるリスク

不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資とはいえ、少なくともリスクが存在します。

 

しかし、そのリスクの多くは不動産投資開始時の「準備不足」から発生するものであり、入念な「計画」を怠ることで後述するようなリスクを引き起こしてしまうのです。

 

空室が発生するリスクがある

空室がリスクな不動産投資

 

物件を選ぶ際に「立地」や「物件の質」の情報をしっかり下調べせずに、情報不足のまま不動産投資を進めてしまうと、購入したアパート・マンションに「空室」が発生するリスクがあります。

 

空室が発生するということは、家賃収入が見込みより望めないという直接的な不利益に結びつき、最悪の場合、融資に対する返済にも影響することになります。

 

この空室リスクは、「準備・計画」を怠ることで起こりやすいものです。

 

不動産投資初期の段階で「物件の魅力を上げるために賃料を下げる」「初めからサブリースを利用する」などの計画を立てることで、空室のリスクを回避する確率を大幅に上げることができるでしょう。

 

マンションは流動性が低い

アパート・マンションは投資商品の中でも比較的「換金がしにくい」資産になります。

 

「経営」ではなく「売買」で利益を生み出そうとする方にとっては「利益化するのに時間がかかる」というリスクになります。

 

途中で「経営」から「売買」に切り替えた場合などはこのリスクを見落としがちですが、「準備・計画」の段階で売買を視野に入れていれば、「都心のマンションを購入する」など、比較的市場が賑わっている物件の購入をすることで回避できる可能性が高くなります。

TOPへ