不動産投資は守りの投資であって、老後の資産を守るために最も有効な投資方法です。

なぜ不動産投資をするのか

老後のために不動産投資をしてきた夫婦

「老後も娯楽にお金を費やし快適な生活を送るためには『2000万円』の貯蓄が必要」と言われ話題になった「老後2000万円問題」が提起された頃から、我々は「貯蓄」という言葉に敏感にならざるを得なくなってきました。

 

確かに日本の平均寿命は年々高齢になっています。

 

年金を貰う期間が長くなれば、真面目に働いて退職金までいただいたとしても、対策をしなければ、老後もこれまでの娯楽や交際を続けるために、退職金やそれまでの貯金を切り崩す生活をしなくてはいけなくなります。

 

そうならないために、我々は今ある資金を用いて、早いうちから継続的に収入を得る様な仕組みを作る必要があります。その方法の1つに「投資」があるのです。

 

投資にオススメなのが不動産投資の理由

投資の中でも低リスクな不動産投資

投資の中でもオススメなのが「不動産投資」になります。

 

不動産投資は多くの場合、ギャンブルのような「ハイリスク・ハイリターンの賭け事」と間違った覚え方をされてしまいがちですが、実際の不動産投資はそうではありません。

 

不動産投資とは基本的に「すでに持っている、もしくは新しく購入したアパートやマンション」を「人に貸す」ことで受け取る「家賃」を利益として儲けを出す投資方法です。

 

運用に知識は必要となりますが、基本的にはそれだけなので「ギャンブル性はない」と言ってしまって問題ありません。

 

確かに不動産を新しく購入する場合は元手が必要なので、お金を借りなければならないかもしれません。

 

しかし、その場合も銀行から厳しい審査を経てお金を借りるようにすれば、破産して何もかもを失ってしまうといった事態に陥るリスクは激減するでしょう。

 

以下のようなメリットを垣間見ても、投資を経て借りたお金は着実に返すことができます。

 

安定して利益を上げることができる

不動産投資の主な収入源は「家賃収入」です。

 

部屋の貸借は「年単位」で行われることが一般的なので、一度借り手が見つかれば、長期的に安定した収入を得ることができます

 

それゆえに爆発的な収入は得られませんが、投資した分のお金が着実に手元へ戻ってくることとなるでしょう。

 

節税効果が得られる

節税対策が可能な不動産投資

家賃から、投資で費やした諸経費や「固定資産税」が引かれるので、「所得税」のような税金を節税することができます

 

また、不動産で赤字を出してしまっても、他の収入と相殺することできます。

 

総合的な所得は減額してしまいますが、所得が減ることで「住民税」などの所得に影響を受ける税金は減額の対象になり、結果的に節税効果を生みます。

 

 

このように、不動産投資で「現金」を「不動産」に変えておけば、「恒常的な収入」や「税金の節税」など最終的にはメリットに転じることが多くなるのです。

 

不動産投資で将来を守る

不動産投資は「守りの投資」と言われており、老後の資産を守るために最も有力な投資だと言われています。

 

爆発的な利益を得ることは難しいですが、「細く長く」これからの生活を快適にするために不動産投資を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

リスクも知るべし!

TOPへ