地方の不動産は購入価格が低いので少額資金で投資を始めたい方におすすめです。

地方の不動産投資はなぜ注目を?

地方の不動産投資が注目を集める理由

 

不動産投資を始める方は「都心」か「地方」か、どちらの領域で始めるか非常に悩ましいところだと思います。

  • 空室リスク
  • 家賃滞納リスク
  • 不動産の価値下落リスク

こういったリスクがある中で、「都心」や「地方」のメリット・デメリットを省みていることでしょう。

 

都心で不動産投資を始める場合、どうしても気になるのが「物件の価格が高い」ということ。利回りも一般的に低く、持っていてもあまり得がないようにも思えます。

 

一方、地方では「人口減少」が心配される中で不動産投資を行なっても「空室」を生み出してしまうリスクも考えられます。

地方ならではのリスクとは?

 

どちらもデメリットがこのようにある中で、なぜ今「地方の不動産投資」に注目が集まっているのでしょうか?

 

地方で不動産投資を行うメリット

地方で不動産投資を行う場合は「土地の特性」や「交通の便」など、都心で不動産投資を行う時よりも考えなければいけないことが多く、情報の取得が難しい傾向にあります。

 

そういった意味では、本当に都心を選ばずに地方で投資を始めることはいいことなのでしょうか?

 

実は、都心にはない魅力のおかげで、わざわざ地方で不動産投資を始める相応のメリットが存在するのです。

 

利回りの良さ

安い地方のマンション

 

地方でアパート・マンションを購入すれば「購入価格が低い」というメリットがあります。

 

都心では中古マンションでも「平均5,000万円超え」の物件が多い中、地方ではその「半分以下」の値段でマンションが手に入ります
これにより、資金を抑えて不動産投資を始めることがきます。

 

一般的に地方の不動産投資においては「空室のリスク」が懸念されがちです。

 

しかし「利益率」を考えた時に、「物件の価格が低い」というスタート時点でのアドバンテージがあるので、「空室があっても最終的な利益率は都心より高い」という事態も起こり得ます。

 

地方における不動産投資の1番のメリットは「アパート・マンションが安い」ということでしょう。

 

競合が少ない

競合が少ない地方での不動産投資

都心と違って、地方には「競合となるアパート・マンションが少ない」傾向にあります。

 

都心はアパート・マンションの入居需要が高いですが、その分供給も非常に多くなります

 

そういった場合、新しく参入するアパート・マンションには「付加価値」をつけて呼び込む必要があります。

 

場合によって初期構想以上に予算が膨らむことになるかもしれません。

 

それに比べて、地方の場合は不動産投資に対して積極的な大家さんが少ない傾向にあります。

 

一等地を見つけるのは難しいものの、穴場を見つければ他に入居者が流れ出てしまうようなアパート・マンションが現れる確率は低くなります。

 

地方不動産投資も選択肢としては有効

地方の不動産は元手が少額で済むことから、少額から不動産投資を経験してみたい方にオススメです。

 

その場合も「地方への理解」は重要な要素であることを忘れずに不動産投資を進めていくと良いでしょう。

TOPへ