地方で不動産投資を行うには将来性が期待できる地域を見つけることが重要です。

地方都市で不動産投資をするということ

駅近物件が人気の福井県

 

不動産投資を地方で行う際、「その土地に住んでいて知識がある」といった条件がない場合は基本的には難しいというのが現場の意見です。
なぜなら地方は都心と比べて「現場でしかわからない特殊な社会」が形成されることが多いからです。

 

例えば、福井県は日本で最も車を利用する人口が多い社会と言われています。
しかし、最近では「鉄道」の利用率が急増しているのはご存知しょうか?実は2018年までの10年の間に福井県の「鉄道利用率が2倍」になっていることが発表されています。

 

これを垣間見るに、以前と比べて現在の福井県では「駅近物件」の需要が高まっている可能性を考慮した不動産投資を計画することが優位に働くことでしょう。
このように、地方不動産投資においては「形成されている社会の特性」をしっかりと捉える必要があるのです。

 

都心を離れるとプロでもその地域においての一等地を見つけるのが困難と言われています。
地方で不動産投資をするなら、「将来性のある」地域をしっかりと見つけることができるかどうかが重要になります。

 

地方で不動産投資を成功させるには?

 

オススメの地方都市3選

地方で不動産投資を始める場合は、「リスクを考慮した」上で投資の拠点を決めなければいけません

 

例えば、地方での不動産投資には「人口減少による空室の発生」「投資後の物件周りの環境変化」などの代表的なリスクが付き物です。
これらのリスクに対して「投資予定地域の情報」をしっかりと精査した上で投資を行う必要があります。

 

なので、今回オススメの地方都市をご紹介するにあたって、「空室リスクに対する人口の将来性」「都市開発などの環境変化による地域活性」などの、明るい可能性がある地方を厳選させていただきました。
以下の地方への投資はこれから味わい深いものになると考えられます。

 

沖縄県

不動産投資におすすめの沖縄県

沖縄県は平成29年における「人口増加率」が、前の年と比べて「+2.6%」を記録しています。

 

沖縄は言わずと知れた人気観光都市です。
不動産投資の傾向も少し特殊で、アパートやマンションを購入するというよりは、海外のリゾート地のような「コンドミニアム」を購入して運営するといった特殊な不動産投資を経験することができます。

 

愛知県

愛知の人口増加率は「+2.4%」とこちらもプラス傾向にあります。

 

愛知県ではこの先20年後を目標に、大規模な「都市開発」のスキームが提起されています。
「各都市をそれぞれの特徴ごとに特化させ、全てを結ぶ交通網を形成する」といったもので、今後特徴的な都市は特に投資先として魅力が向上すると考えられます。

 

埼玉県

都市計画が進む埼玉県

 

実は埼玉の人口増加率は、東京を除いた「地方で最も高い+2.8%」を誇ります。

 

近年では埼玉をコメディ調でPRする映画も放映されたほど、今なにかと話題の地方都市になります。
「さいたま新都心」などの大規模な都市計画も不動産投資においては見逃せないポイントになります。

 

 

TOPへ